風呂場の排水溝は早めに水道修理しないと虫が湧きます

お風呂は水のトラブルがいっぱいです

排水溝の詰まりは放っておくと更なる被害を生む

女性と作業員

ここでは、排水溝を放置した時のリスクについて紹介していきます。お風呂場の排水溝詰まりを放置することで様々な問題が発生します。特に悪臭と害虫は特に大きな問題であり、排水溝の汚れを放置するほど害虫は増え、悪臭はひどくなっていきます。

排水溝から嫌な臭いと虫が発生することも…

排水溝の詰まりって放置したらどうなりますか?
結論からいえば、悪臭が発生し、害虫が湧きます。お風呂場の排水溝は石鹸カスや髪の毛、垢などが溜まれば溜まるほど悪臭が発生するのです。理由は、髪の毛や垢を餌に細菌が発生し、繁殖することで同時に悪臭の元となるガスが発生するからです。また、髪の毛や垢を餌にゴキブリやコバエ、チョウバエなどの害虫が繁殖し、家の環境を悪化させてしまいます。場合によっては、病気を媒介する可能性もあるため、放置しておくと家の状況は段々と悪化していきます。よって、早急に水道修理業者に依頼して解決しましょう。

排水溝が詰まってしまった考えられる原因をチェック

水が上手く流れない原因

ゴミなどの固形物
入浴剤の袋の切れ端やシャンプーボトルのキャップなど、無意識に放置してしまっていたものが排水溝に詰まってしまうというのはよくあることです。これらは薬剤でも溶かせないため、掃除をして排除する必要があります。
アルカリ性の汚れ
石鹸カスやボディソープ、シャンプー・リンスなどが原因で排水溝が詰まることは多いです。これらは髪の毛や垢を絡めていき、それが次第に大きくなっていき、排水溝を詰まらせてしまいます。これらは酸性の洗剤で中和して溶かすことができます。
皮脂などによる汚れ
上記の汚れはアルカリ性ですが、皮脂や垢などの汚れは酸性です。抜け毛や垢が石鹸カスやボディソープなどと同じく排水溝に詰まっています。こちらは重曹を使用してお湯で流すと中和でき、詰まりを解消できます。
TOPボタン